「雑誌」の買い方

a man using smartphone

この記事には『「雑誌」の買い方』というタイトルを付けたが、人によっては馬鹿にされた気分がするかもしれない。
確かに雑誌の買い方なんていうのは、書店に行ったことがある人なら誰でも知っているだろう。書店の雑誌コーナーに行き、並ぶ中から「裏モノジャパン」と誌名が書かれた雑誌をもってレジまで行けばいいのだ。簡単この上ない。特にこの雑誌の購買層になるであろう成人男性なら、誰でも知っていると思う。
しかし、書店の雑誌コーナーで……レジまで行けば……というこの買い方、誰もがスムーズにまごつかずに恥ずかしい思いをせずに完遂できるというわけではないだろう。たとえば人がたくさんいる休日の真昼間、雑誌コーナーに置いてある「裏モノジャパン」の表紙がエロエロなお姉ちゃんをフィーチャーしたものだったら?ウブな大学生男子は思わず後ずさりしてしまうだろうし、子連れで本を買いに来たお父さんは回れ右せざるを得ない。しかも最近は特に書店のレジというのは可愛い女子大生バイトみたいなのばかりだから、余計に恥ずかしい思いをしてしまうのではないだろうか。
しかし大丈夫だ。ここで紹介するもうひとつの買い方を押さえておけば誰もが涼しい顔で「裏モノジャパン」を購入できる。というのも「裏モノジャパン」という雑誌には紙の書籍版と電子書籍版と、二つのバージョンがあるのだ。中身は同じ。記事の内容も風俗体験マンガの内容も同じだ。
電子書籍版を購入すれば、スマホで読めるのでいつでもどこでも、「エロいチャンネー」が表紙を飾る雑誌を広げるにはいささか不適当な場でも、堂々と「裏モノジャパン」を読めるのである。